Menu

Frequently Asked Questions

About CTIA

A.弊社CTIAのTGEは我々の承認を受けたアドバイザーから紹介後、参加頂けます。

A.CTIAは世界で初となる、TGE案件を全世界の投資家の皆様へフェアに提供する投資アドバ イザリー会社です。

プロジェクト毎に公式となるウォレットが変わりますので、各プロジェクトが案内する公 式ウォレットを使用する必要があります。また、ウォレットの取得方法につきましても、プロジェクトごとに異なります。

A.CTIAはTGE(Token Generating Event)を紹介する会社であり、コンプライアンスやデュー デリジェンスなどの措置が図られていないICOと差別化しております。

A.スイスのクリプトバレーと呼ばれるエリアに本社を置くことにより、業界内での連携や情 報の取得をよりスムーズにしております。

A.TGEは金融投資商品となりますので、投資における為替変動のリスク等が存在します。

メリット:TGEは一般的な株のようにそれ単体で配当やキャピタルゲインといった収益を 得るチャンスにもなりますし、それぞれのトークンを用いたプラットフォームへ参加するための窓口でもあります。
デメリット:TGEは金融投資商品となりますので、投資における為替変動のリスク等が存 在します。

A.TGEとして紹介する案件は様々なタイプがあります。詳しくは各プロジェクトのページを ご覧ください。

A.CTIAはスイスの大手弁護士事務所MMEと査定機関であるBlockhausとパートナーシップを 結んでおります。CTIAで取り扱われる全ての案件はこれらの法務、デューデリジェンスの チェックをクリアしたものに限ります。

A.CTIAでは、お客様が購入された先のアドバイザーから直接サポートを受けて頂く仕組みと なっております。ご不明な点がありましたら、紹介元のアドバイザーまでご連絡下さい。

A.CTIAは取引所とは関係ございません。また、CTIAでTGEとして紹介する案件も全て取引 所に上場するというお約束をするものではありません。

About the industry

A.取引所または相対取引にて取得可能です。

A.取引所のウォレットでは秘密キーを自身で保管することが出来ません。

A.ハードウェアウォレット、ペーパーウォレット、ローカルウォレット、ウェブウォレット の4種類があります。

A.ビットコインにはない独自の性能を持ったものや、ビットコインの一部のみを調整したも のまで様々です。

A.暗号通貨1.0は、主に決済、通貨機能のみ有している持ち合わた暗号通貨を指します。 暗号通貨2.0は、通貨機能に加え、暗号通貨技術を兼ね備えた暗号通貨を指します。代表的 なEthereum では、あらゆる契約行動をプログラム化し、契約が自動的に実行されるシステ ム『スマートコントラクト』がその暗号通貨技術です。

A.独自のブロックチェーンシステムから作成されたものが 暗号通貨であり、既存のブ ロックチェーンシステムから作成されたものがトークンです。

A.市場の需給バランスにより価値が変動します。※一部の暗号通貨では価値が固定されてい るものもあります。

A.プロジェクトの詳細は、公式HPに記載されてあることが多くあり、進捗度も同様に確認す ることが出来ます。

A.プロジェクトにより異なります。メールアドレスすら必要ないものから、パスポートやセルフィ画像が必要なものまで様々です。