代表メッセージ |トークンによってつながる世界へ

MESSAGE

トークン によってつながる世界へ

2017年からICO(Initial Coin Offering)への投資が飛躍的に増えたトークン・暗号 通貨市場ですが、まだまだ消費者の認識も浅く、理解が及んでいないものだと考えています。日本は投資に関して、こと トークンにはまだまだ無知であり、また後進国です。か つ少子高齢化にともなう市場の縮小が遠因となり、海外の市場に目を向けざるを得なくなる という未来は、もうすぐそこまで迫っています。やがて来るそんな未来に備え、 トークン、仮想通貨のグローバルスタンダードを制定し、トークン への投資ハードルを下げ、日本人が海外で投資しやすくなる状態を構築する。それこそが私たちのミッションであり、それによってつながる世界が私たちすべての未来を 明るく照らす、と信じています。

プロフェッショナルとして行う選定

そんな中で私たちがやっていることとは、まず大きくは“選定”です。Ethereumをはじめ数々のICOに関わってきたパートナー企業らの元に様々なICO案件が寄せられ、彼らとプロジェクトやテクノロジーの信頼性などを調べ上げます。AMLやKYCといったコンプライアンスはもちろん、トークン保有率 やトークンの役割など細部にわたり詰めていきます。その細かなチェック項目を通過した厳選されたプロジェクトのみを私たちは取り扱います。 それを徹底することが、その投資に関わる人間すべての幸せに繋がると考えています。

CTIAの役割

ICOへの投資が過熱していますが、現状消費者保護が成されているわけではありません。例えばプロジェクトが無事に公開し価格が上昇してもプロジェクト側が保有しているトークンを自由に売却できてしまう設計であればトークン保有者は価格の暴落をただただ眺めている事しかできません。またプロジェクト側を守るような仕様にもなっていません。例えばICO 参加者が一気にトークンを売却して価格暴落が起きしまう事だって十分あり得るわけです。こういった悲しい現象を起こさない為にも我々は存在します。トークン設計から携わり厳しい精査をすることで極めて高い信頼性を保つ事ができます。我々はトークンを用いた新たな資金調達方法TGE(Token Generation Event)を活用します。誰にでも公平でサポート体制も整ったかたちで参加する事ができます。これらを実現させること、それが我々の役割です。