TGE

What is TGE
What is...
Token Generating Event

CTIA が考えるユーザー保護のためのソリューションの一つに
TGE(トークン・ジェネレーティング・イベント)があります。
TGE はICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング)の
進化モデルとして新たに誕生した資金調達モデルです。
CTIA が携わるブロックチェーンプロジェクトは厳正な精査によりTGE として
世界に繰り広げられます。

Why
徹底されたコンプライアンス

TGE がフェアな理由、それは高いコンプライアンス性にあります。
通常、ICO ではプロジェクトがアイデアを公開し、それに共感したユーザーから直接資金を募ります。
その際、デューデリジェンスやKYC/AML は実施されていません。
ユーザーはそのプロジェクトの実現可能性や適法性を難解なホワイトペーパーやロードマップから読み解き、
自己判断で投資しなければなりません。また、プロジェクトは素性の知れないユーザーから資金を受け取り、
それが反社会勢力やマネーロンダリングの可能性もあります。
このようにICO にはそれぞれにリスクをもたらします。
TGE ではデューデリジェンスやKYC/AML によりそれらを解決します。

Framework
Blockchain

Crypto

Property

CTIA ではデューデリジェンスの一つにBCP フレームワークを採用しています。
スイスの法律会計事務所MME が制作したこのBCP フレームワークでは、
プロジェクトが生成するトークンを機能や性質により分類し、
また既定の項目によりリスクを算出することで、そのトークンのリスクを評価します。
CTIA はこれを一つの指標として用いることで、
グローバルスタンダードのフェアなデューデリジェンスを提供します。

Token Sales Application
Token Generator

『Token Generator』は、
TGE が実施されるトークンセールスアプリケーションです。
CTIA のパートナーであるGCG が管理・運営しています。
ここではデューデリジェンスにより精査され、
厳選されたブロックチェーンプロジェクトのみ登録されます。
また、KYC(Know Your Customer:顧客身元確認)や
AML(Anti-Money Laundering:アンチマネーロンダリング)の
チェックを通過したユーザーのみ参加できます。
アカウント登録には個人情報と身分証明書の提出が必要で、
さらに独自のシステムにより過去の犯罪歴やPEP* を検知します。
これによりチェックされたユーザーのみ利用できる
かつてない安全なトークンセールプラットフォームが
ここに完成しました。

* PEP(Politically exposed person)…重要な公的地位を有する者